ダイレクト型自動車保険

代理店型の自動車保険にこだわる人がいますが、ダイレクト型保険が危険だという事はないと思います。

 

私は数年前までダイレクト型自動車保険に加入していましたが、代理店型は価格に対してサービスが反映していない気がしたので、ダイレクト型に切り替えました。

 

切り替えた後にも大きな事故を経験したのですが、その時の事故対応に満足したので今年も継続しています。

 

もう5年目になり、今後もこのまま継続するつもりです。

 

 

代理店型の自動車保険に加入している人の場合、「どんな事故でもかけつけてくれるから任せっぱなしで良い」と思い込んでいるケースがあります。

 

しかし事故の際は、加害者被害者を問わずに現場で出来ることは自分で全て行うのが基本です。

 

誰のためでもなく自分のためだと理解し、しっかり対応する事を忠告します。私は頭から任せっぱなしで失敗しましたから。後で分かったのですが、事故現場の確認などについても、人命に関わるような重大な事故を除いて担当者が現場に赴くことは滅多にないそうです。

 

 

但し当事者との面談が必要になった場合は、代理店型・ダイレクト系を問わずに担当者が面談する筈です。これに加えてロードサービスの充実度や価格を総合評価すると、ダイレクト型自動車保険の方が魅力的だと思います。

 

 

価格に関してはダイレクト型が数万円安いですし、インターネットを使って申し込めばさらに割引可能という特典があります。

 

24時間申込み可能という点も、インターネット絡みで有り難い話です。契約手続きから保険金請求まで全て自分で行わなければいけないから、ダイレクト型は利用者側の負担がかかるとの話を聞きます。確かに人任せにできない点はありますが、それほど難しくありません。ダイレクト型が出回って本当に良かったです。

 

 

選択が多いけどしっかり選ぶ

新しく車を買ってどこの自動車保険に加入しようか悩んでいる人や、更新の時期が来て乗り換えを考えている人って多いと思います。
実際に自動車保険を選ぼうとすると、「最適な補償条件が分からない」、「選択肢が多すぎて選ぶのが面倒だ」と感じる方が少なくないのではないでしょうか。

 

CMで様々な自動車保険を拝見する度に「こっちの保険会社の方が良いかな?」って思って資料請求したりして、下手すると資料が多すぎて混乱してしまいます。

 

まずは自動車保険に何を1番求めるのか良く考えて、それに準じて決めていけば明確な判断が出来ると思います。

 

欲張って全てを求めると、結局自分に合った保険会社に出会えず損をしてしまうかもしれませんよ。

 

保険会社に求める大まかな基準は3つで、@価格A保証内容やサービスB受付対応 です。多くの人が求めるのはやはり価格で、安ければ安い程有り難いという人が増えています。確かに補償内容が同じなら保険料は安いほうがいいですが、ダイレクト型で良いのか、どうしても代理店型が良いのか、その辺りの選択も注意しましょう。

 

価格にばかり気を取られて補償内容やサービスの確認を怠ってはいけません、いざという時に補償が少ないと後々大変ですし後悔します。

 

自分のライフスタイルに合わせて、出来る限り手厚く設定することが大切です。

 

事故対応体制やロードサービスの内容ですが、保険会社によって違ってきます。ネットの口コミなどで評価が高い保険会社でも自分に合うかどうかは分からないですから、どうしても難しかったら自動車保険の一括見積もりサイトを利用してみるのも1つの方法ですねになる保険会社から資料請求してじっくり比較すると、見えてくるものがあると思います。

 

車関連お勧めサイト

保険選びの参考に、自動車保険ガイドをチェック!
廃車にする前の買取は、下取りよりも買取がいい理由を参考に!

更新履歴